『毛糸だま2010年秋号』からカーディガン
a0076060_572250.jpg


冬時間は大きな雷で幕開けしました。
夜中の2時ごろだと思うのだけど、私でも目が覚めるほどの大音量。
そして冬時間が始まってからの日々は木枯らしが吹き付けて、あの黄葉もずいぶん寂しくなりました。
kittyはベランダに舞い落ちる葉っぱを威嚇するのに大忙しの日々。
運動量が増えてお疲れなのか、今日はみんなが集うソファーでもしっかり場所をとって眠ったうえに、手芸部員の膝にも乗ってまったりしていたemoticon-0104-surprised.gif
ニット+猫カフェが実現しています。
(こんな事ができたら良いな。)が一つ叶って嬉しい。



編み上げたカーディガンはもう3年も前になってしまう毛糸だまから。
「落ち葉舞う舗道に映えるタウンニット」というテーマの中の作品。
ヴォーグ社の手作りタウンで編み図の公開がされていないのでとても残念なんですが、野口智子さんのデザイン。
後ろ身頃を四角に編んで、マフラーのように長く編んだ裾、前立て、襟部分を綴じ合わせ、拾い目をして袖を編みつけます。

a0076060_5242274.jpg

燕尾服を思わせるような、ちょっとユニークな形。
お尻が隠れて暖かいです。
軽い糸を選んだので動きやすい。
鹿子編み、二目ゴム編み、メリヤス編みと編み地も単調ではなく変化があって気に入ってます。

毛糸だま no.147 私たちのエコロジーニット (Let’s Knit series)

日本ヴォーグ社


[PR]
by yururi10 | 2013-10-29 03:37 | 手しごと
<< あとはポケット 黄葉と猫 >>